ネット上で申込ができる

目元

施術方法を詳しく調べる

二重整形はほとんどの美容外科クリニックで取り扱いがあり、簡単に申込をすることができます。最初の予約をとる時には電話やメールで行う方法があります。もしくはホームページからネット予約ができるというクリニックもあります。直接話をしなくても予約をすることができるので、話をするのが苦手だという人でも予約しやすいというメリットがあります。もしも予約した日時を変更したい場合にも、直前でない限りネット上でできるクリニックが多いようです。予約をした後は、当日の指定時間にクリニックに行きカウンセリングを受けます。二重整形のカウンセリングは器具を使って、二重を作りどのような形にするかを決めます。この時に大切なことは、元々の自分のまぶたにあるシワに合わせて折り目をつけることです。一重まぶたの人でもまぶたの皮膚にいくつかのクセがついていることが多いので、そこで二重を作るようにすると自然な仕上がりになります。またメイク用品で折り目をつけている場合には、その折り目が自然な形に見せられる場所だということが多いようです。自分自身で鏡の前で決めた場所が最も綺麗に見える場所だというのはよくあることなので、参考にして決めましょう。カウンセリングを受けて納得できる内容だった場合には、正式な申込を行います。クリニックによっては、その場で申込をして直後に手術を受けられることもあります。申込をしてもすぐに手術を受けなくてはいけないという決まりはないので、一度家に帰ってゆっくり考えるという方法をとっても良いでしょう。二重整形はほとんどのクリニックで行っている手術なので、クリニック選びが非常に重要です。カウンセリングをする時には担当医のアドバイスを聞きながら埋没法にするか切開法にするかを決めましょう。人気の高いのは埋没法ですが、糸の通し方にはクリニックによって色々な方法があるようです。糸を通す場所が少ないほうが価格が安くなりますが、目をこすることが多いと二重がとれてしまう可能性があります。埋没法も切開法もメリットとデメリットがあるので、よく調べて施術法を決定することをおすすめします。切開法にも切開する面積によって半切開法と全切開法という違いがあり、それ以外にも細かな部位が違っているということがあるので、細かな部分まで調べておきましょう。もしも施術法で希望がある時にはカウンセリングの段階で担当医に伝えておきますが、慣れていない方法では失敗をする可能性が高くなることがあります。そのため、希望の施術法がある場合には、その施術を中心に行っているクリニックを選ぶようにしたほうが安全です。今はホームページで手術法について詳しい説明が載っているところが多いので、事前に情報収集をしておくと良いでしょう。施術法はそれぞれに良さがありますが、自分の目の状態に合わせた方法を選ぶということも大切です。まぶたに脂肪が多く腫れぼったい眼をしている時には埋没法が難しくなることもあります。その場合にはプロの意見を取り入れるようにして、自分の目の欠点をのせる方法にすると仕上がりが良くなります。カウンセリングでこのような細かなことまでしっかりと話し合いをしましょう。

Copyright© 2018 二重整形の魅力【自分の理想とする目元をつくることが出来る】 All Rights Reserved.