男性も増えてきている

カウンセリング

医師の意見も参考にする

二重整形を利用する人には若い女性が圧倒的に多いという特徴がありますが、近年では男性で施術を受ける人も増えてきています。いままで美容に関することは若い女性だけのものという扱いをされてきましたが、最近では男性だけに特化したエステサロンも増えてきています。そういった社会の変化があることを考えると、二重整形を受ける人にも男性が増えてきていることも納得できます。他には年齢を重ねた年代の人でもこの施術を受けるという人が増えてきていることも大きな変化です。そのため若い女性が中心だということは変わりありませんが、年齢や性別に関係なく誰でも受けられる施術とも言えます。男性は女性と違ってメイクをする習慣がなく、メイクで目元の印象を変えるということができないため、女性以上に整形を必要としている人もいます。目元にコンプレックスがあってもごまかすことができず、整形をする以外に目の状態をけることができません。男女問わず白人風の顔つきに人気が集まっているので、特に目元は重要視されるのでしょう。目元が一重だと日本人っぽく見えてしまい、流行りの顔と遠ざかってしまいます。目の印象を変えるだけで、白人風に見せることができるようになるので、整形手術の中でも特に行う人が多いという特徴もあります。また埋没法で手術を行えば将来的に戻すことができるので一時的に活用するという人もいます。目元には流行があり、今後は流行りが変わるという可能性があります。男性の場合には将来、自分の姿や流行が変わった時に元に戻せるような配慮をしている人が多いようです。二重整形は埋没法と切開法というふたつの施術法があります。切開法はメスを使って切れ目を入れて二重を作ります。この方法はかなりはっきりとした目元を作れるということと、一重に戻ってしまうことがないという点で人気があります。埋没法は糸でとめるだけなので、目をこするクセがあると二重がとれてしまうことがあるからです。せっかくお金をかけて整形をしても、簡単に一重に戻ってしまい、施術料金は戻ってきません。中には何度か埋没法を試して、そのたびに元に戻ってしまい、ついには切開法をする決断をしたという人もいます。このように埋没法を選択した場合には結果的に余計な料金がかかってしまう可能性があるということを覚えておきましょう。これに対して切開法は施術を受けた後に元に戻ってしまうというリスクがないので、一度の料金で効果を一生長持ちさせることができます。このふたつの施術法のうちどちらにするのかは、担当医の診察を受けて専門家の意見を聞いてから決めることが大切になります。それは元の目の状態によって向き不向きがあるからで、自分の希望だけで決められるものではないからです。切開法は元に戻ることがないというメリットがありますが、目の状態によっては仕上がりが不自然になってしまうこともあります。ぱっちりとした目元を希望していても、不自然に見えてしまうものは避けたほうが良いでしょう。他の顔のパーツとの兼ね合いもあり、目元だけでなく他の部位の整形も同時に行う必要があるかもしれません。二重整形をする時には手術方法だけでなく、顔を総合的に見て判断しましょう。

Copyright© 2018 二重整形の魅力【自分の理想とする目元をつくることが出来る】 All Rights Reserved.